« 行政書士試験まであと23日 | トップページ | 行政書士試験まであと21日 »

行政書士試験まであと22日

さて、今日は「伊藤塾」の模擬試験日。

本番さながら・・・と思いつつ、前日夜はかなり夜更かしして

朝もゆっくり起床。普段の休日よりゆったりしてしまう。


だめじゃん。


会場は梅田の伊藤塾梅田本校。LECとよく似た場所にあるので、

この辺りだけはもう大体の土地勘はある。迷うことはない。


ところが相当に余裕を持って出かけたはずなのに、

会場到着が開始15分前。


どゆこと?


その15分前から試験の説明が始まるので、なんだか

ギリギリ滑り込んだ形に。トイレも行ってない。。


幾分広いようにも思える教室も人で満杯。熱気で暑い。

大阪だけでもこれだけの仲間が居るんだ。。と。

この国家試験は基準点さえ取れれば誰でも合格できる、

というもので、誰かが落ちるから誰かが受かる、という

ものではない。みんな「同志」なのだ。


さて、開始5分前には説明も終わって配布物も終了。

このスキにトイレへ。


試験開始。これまで数回受けた模試と同様に、

余裕を持ってまず乱丁落丁調べをしながら、問題文を

俯瞰していく。…見慣れない文言がたくさん…??

と、何となく気になりながらも、最後のページまで調べ

終えたら、その最後のページから解き始める。

文章理解3問 → 多肢択3問 → 記述式3問

終えたところで、実は既に焦りだした。

この時点で時間が想定より10分オーバーしている。

文章理解で時間をかけ過ぎた。。


このあと、設問の各文章もどうもひねりにひねったような

表現に思え、コレに慣れるまでの時間が余分にかかり、

最初の「しわ寄せ」が徐々に大きくなっていく。


結局…民法の最後の数問を「やり過ごし」、その時点で

残り30分。商法会社法は問題も見ることもなく、適当に

マークして、一般知識11問も後半はほとんど問題を

読むことさえできずにマークして終了。。


なんてザマだ。。


一般知識はある程度得点源となるべき科目だったのに

本当に勿体ないことをした。


時間配分と問題を解く順番をもう一度見直す必要がある。

こんな根本的ではあるが、「今気付いて良かった」的な

発見は「収穫」と言っていいだろう。


もう一つの収穫は、冒頭の話で「思い知る」ことになった

「会場の下見」は必要、ということ。


来週は奈良の試験会場である奈良大学へ行ってみないと。


Dsc_1270


神頼みでもなんでも、すがれるものは何にでもすがる。


やっぱり合格したい。

|

« 行政書士試験まであと23日 | トップページ | 行政書士試験まであと21日 »

行政書士を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/58417260

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験まであと22日:

« 行政書士試験まであと23日 | トップページ | 行政書士試験まであと21日 »