« 行政書士試験まであと21日 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0218 »

行政書士試験まであと20日


今日の帰宅後の時間は3時間かけて、
先日の伊藤塾の模試のWEB解説講義を。


60問あって、一問一問憶えている訳でもないので
当日どう解いたのかを思い出しながら、再度解いたり
するので、とりあえず3分の1のところで一旦中断。


明日は今日の残業分がまるまる残っているので
仕事をしなければならない…このまま続けたい気分
だけど睡眠も大切。


伊藤塾の講師は言う。

模試の解説講義なんかはぱっぱっと終わらせて
WEB講義の特色をうまく使って飛ばせるところは
飛ばし、限りのある時間を有効に使うべきだ、と。

この段階での日常学習である条文読込や過去問解きまくりは
確かに大切。一問でも多く、確実に点数を取れるように
エクササイズを続けて行くことが「筋力アップ」につながる。

しかしだ。


予備校の実施する模擬試験はある意味、その年度の本試験の
かなり当たりに近い予想問題と言ってもいいと思う。
そうなると一問たりともおろそかにせず、復習しておきたいよね。

だから、「絶対とりこぼしてはいけない問題」、
例えば当然ながら「基本知識」とされている問題、
あるいは正解率が高いのに自分だけ答えられなかったもの、
それから、2択までは絞れたのに迷ってしまった問題、
要は知っているのに、肝心のところで知識があやふや、
50%の確率で点数になるか、落とすか、な問題
についてはしっかり復習をすることに。


…って、結局これは各予備校の講師がみんな言っている
ことだった。。


分かって聞いているようで、実際身をもって理解しないと
分からないものだ。気づくの遅っ!


そうやってある程度「削ぎ落として」やっているにも関わらず
やはりこれだけの時間は必要。


「うんざり」と思わないだけラクなのかも知れない。
実際、知識が増えていくのは楽しいね。忘れる量も半端ないけど^^。

■憲法 条文読込 国会51条~60条

■行政法 過去問(選択 2問 /記述式 5問) 
       条文読込 行手 5条~10条

■模試復習 解説講義(Q1~Q20)


|

« 行政書士試験まであと21日 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0218 »

行政書士を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/58429874

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験まであと20日:

« 行政書士試験まであと21日 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0218 »