« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0201 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0202 »

行政書士試験予想問題【憲法】


2013年行政書士試験予想問題より


■衆議院議員選挙において採用する拘束名簿式比例代表制は、
 選挙で決定された当選人数の中で政党が付した順位によって
 当選人が決定されることになるので、直接選挙に当たらない
 とは言えず、違憲とは言えない。


正解【正しい】

※衆議院議員選挙の比例代表は「拘束名簿式」
参議院議員選挙では「非拘束名簿式」が採用されている。

※拘束名簿式比例代表制も、選挙人の総意によって当選人が
決定される点で、候補者個人を直接選挙する方式と異なる所は
ないので、このことをもって直接選挙に当たらないとは言えない。
(最大判平11.11.10)

■衆議院議員選挙において、候補者届出政党にのみTV放送で
 政見放送を認め、それ以外の者には認めないこと、この差異は
 違憲である。


正解【誤り】

※TV政見放送を認める認めないにつき発生する差異については
その差異は一般的に合理性を有するとは到底考えられない程度
に達しているとは断定し難く、憲法14条1項に違反しない。
(最大判平11.11.10)

■内閣総理大臣の指名は他の全ての案件に先立ってこれを
 行うこととされている。このため、議長の選挙や会期の議決など
 院の構成に関わる事項についても総理大臣の指名のあとで
 行わなければならない。


正解【誤り】

※憲法67条『内閣総理大臣は国会議員の中から国会の議決で
指名し、この指名は他の全ての案件に先立って行う。』
しかし、院の構成に関する事項についてはことの性質上、
総理指名の前に行うことができると解されている。

メガネをかけかえてひと月。

PCメガネの意外な効果に驚いている。

本業では職場で常に3つのディスプレイをそれぞれ見続けていて

長い時にはそれこそ12時間は確実に超える時間画面の前にいる。

最近は疲れ目がひどくて、多少効き目のある目薬「ロートゴールド40」

をいくらさしてもショボショボ感がなくならず、かなり辛かったのだが、

このPCメガネ効果(ブルーライトカット)のあるメガネをかけるようになって

日中はほとんどそのしょぼつき感がなくなった。

もっと早くから導入したらよかった。。

|

« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0201 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0202 »

行政書士を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/58071715

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験予想問題【憲法】:

« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0201 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0202 »