« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0197 | トップページ | 行政書士試験申請 »

【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0198

===================================================
【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】 #0198
===================================================

このメールマガジン【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】では
NHKの語学講座を利用して、経済的かつ継続的、効果的に
中国語の学習を進める方法やその実践方を紹介して参ります。

時には深夜を越える残業もこなす、40代サラリーマンである筆者。
語学学校に通う等の時間や費用をかける事なく、
この「ラジオ講座を中心とした全くの独学」で、
学習開始から約半年で「中国語検定4級」、1年で
「3級」に合格、そして4年目には「2級」を獲得できました。

この体験談を織り交ぜつつ、皆さんには、まずひとつの目標として
「中国語検定4級」を取得、さらにこれをきっかけにして
「その後の学習のやる気をアップ、続けて行く力」
にして頂きたいと考えています。

継続は力なり!今日も一緒に元気に、頑張りましょう!
我们一起努力学习!那就开始吧!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご案内■

このメールマガジンを永らくご愛読頂いている皆様、
また、新たに読者になって頂いた皆様も、誠にありがとうございます。
この【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】は、
2012年、ラジオ講座の放送日である平日を主に、その放送の内容に
合わせた形で構成し、ほぼ1年に渡って配信して参りました。

今年度(2013年)より、そのスタイルを少し変更、
毎週火、木の週2回配信で、継続して配信させて頂くことにしました。

■中国語検定過去問題への挑戦、そして「全くの独学者視点」からの
独自の解説
■独学で中国語検定2級を取得するまでの、その方法や実践について
のコラム

を中心の話題として、皆様の日々の中国語学習にハッパをかけ、
エールを送り続け、モチベーション(やる気)を持ち続けて頂くため、
毎週定期的にお送りし続けるこのメールマガジン
【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】
を末永くご愛読下さいませ。

※尚、大きく差し支えある場合を除き、掲載当日そのままの情報で
発信しております。多少の情報のずれにつきましてはなにとぞ
ご容赦いただけますよう、お願いいたします※

山本まさよし


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】

声調、単母音
----------------------------------------------------------

■声調

まさしく「中国語」!といえる、発音上の独特な特徴である声調。

他の外国語にも「アクセント」という名前で、音の抑揚や強弱を
表す「符合」や「決まり」があったりするのですが、
「原音」は同じなのに、その抑揚で意味が変わってしまう、
というのは、やはり実際独特なものでしょう。

実はこれは中国語独特のものではなく、アジア圏の言葉では
至極一般的。ベトナムやタイ語にも声調はあって、しかももっと
複雑だったりします。本当のところ、日本語にもあったりします。
(飴・雨、橋・箸・端の違いは"アクセント"ですが、
大阪弁の木、気、来は明らかに中国語のそれにそっくり!)

現代中国語は4声と軽声の5つ。

これらをきっちり区別するだけなので簡単といえば簡単なのです。

では始めましょう。

▼第1声 a1
(ここでは声調記号として「平たい横棒」ではなく、このように
母音の横に1声を表す「1」の数字を添えることにします。
2声、3声、4声も同様に記して行きますのでご理解下さい)

『アー』と自分でも可笑しくなるくらい高い音のまま伸ばして
発音してみましょう。

▼第2声 a2
この音は下から上に向かって上がる音。ちょっと怖いお兄さんが
"いちゃもん"つける時のような、『あぁ?!』みたいな感じ、それです。

▼第3声 a3
第1声の逆です。可笑しくなるくらい低音で伸ばしてください。
『ア"ー』とアに点々が付いてる、その感じです。低く低く!

▼第4声 a4
カラスが『カァ』。この音をそのまま真似て下さい。
上から急激に下に落ちる感じです。

▼軽声
軽声については後に触れます。

----------------------------------------------------------

■単母音

「単母音」というからには、後で「2重母音」というものも出てきます。
簡単なものから徐々に勉強して行きましょう。

a 「ア」 日本語のものより明瞭に、大きく口を開けて「アー」 
o 「オ」 同じく日本語のものより口を丸めて「オー」
i 「イ」 これも同じく日本語のものより口を横に引き「イー」
u 「ウ」 極端に口をすぼめて「ウー」。要するに普段日本語で
発音しているものよりも、明確にはっきりと発音させることで、
より通じやすく練習させるもの、と理解しましょう。

e 「ゥア」 さて、中国語のひとつ目のハードルとも言えるこの音。
 決して「エ」ではありません(条件により「エ」の時もあります)
 究極にあいまいな音。日本語にも表音できる文字がありません。
 とりあえず「e」の文字を当てていますが、とにかく「あいまい音」
 としか言いようがありません。
 テキストには「エ」の口の形で、のどの奥から「うー」と言え、と
 なっていますが、これも「説明があいまい」な感じです。
 とにかく「音」をよく聴いて、真似ることです。

u(:) (uの上に二つの点が乗っている) 「ュイー」とでも表現
 しましょうか。これは次の説明通りに発音すれば必ずできます。
 『ウの口の形で「イー」という』です。いわゆる「ウムラウト」ですね。


▼練習してみましょう。

・ 饿 e4 お腹がすいた 
※私には「ゥア」と聞こえるので、そのように発音します。
それでとりあえず通じるようです。

・ 雨 yu3 雨
※これは「ュイー」。第3声なので、さらに濁音の点々が付くような
音を出せば、それっぽく聞こえます。そしてそれはちゃんと通じます。

以上、日本語の5音に対して、中国語には6音の単母音がある
ということを学びました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆まずは中検突破! 中国語検定実践問題☆

----------------------------------------------------------
▼その『効果』と『進捗』が見えにくい語学の学習。
 特に相手のいない「独学」だと、なおさらですね。

 そこで、評価基準として明確に分かるように
 『中国語検定試験の合格』を目指すことにしましょう。
 ここでは「中国語検定4級の合格」を目標にします。

▼このコーナーでは、中国語検定試験に実際に出た問題を紹介、
 独自の解説を加えて行きます。
 また、その中で筆者の学習体験に基づく勉強法についても触れて
 行くことにします。
----------------------------------------------------------

第76回(2012/03) 4級 筆記

[1] 次の中国語で声調の組み合わせが他と『異なるもの』を、
それぞれ(1)~(4)の中からひとつ選び、解答欄にマークしなさい。

(1)睡觉 (2)饭店 (3)比赛 (4)再见

4級の筆記第一問目です。
この大項目は毎度同じく発音問題。様々な「問い」の方法が
ありますが、「声調」については概ねこのような形で出題されます。

さて、『組み合わせが異なるもの』はどれでしょうか。

(1)shui4 jiao4 (2)fan4 dian4 (3)bi3 sai4 (4)zai4 jian4

4声+4声のグループですが、(3)だけが3声+4声でした。

答えは(3)

英語の場合でも「新しい単語を憶える」というのは、そのスペルと
意味以外に、アクセントの位置も憶えますよね。
「おかしな発音にならないように」憶えたものですが、
中国語は全く「そのレベル」ではなく、この四声も含めてきっちり
憶えないと、通じない、認識できない、のでしっかり憶える必要が
あります。
何度も聴いて、何度も口に出して、しっかり身につけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム「今日のひとこと」■
----------------------------------------------------------

▼このメールマガジンの使い方

『メールマガジン通信講座』という役割を担うこのメルマガ。
初日の今日はその使い方についてご説明します。
下記を参考に今後の学習に、上手くご利用下さい。

1 予習する
2 ラジオ講座を聴いて学習する
3 復習する
4 このメールマガジンを読んでさらに復習をする

基本はこの流れです。
ラジオ講座で学習した内容をさらに別の言葉で説明、または
少し拡張した形で説明しますので、より理解が深まります。
また、初歩の段階から中検の問題にも慣れて頂きますので
さらに効果が期待できるでしょう。

また、どうしても分からない点があれば、このメールマガジンへの
「返信」の形で筆者宛メッセージを送ることができます。
ご意見、ご感想も併せてお送り下さい。
例えば「初心者ならでは」な、読者皆さんで共有した方が
良さそうな質問につきましては、取りまとめて定期的な掲載
を考えています。

まずは何より「やる気の継続」です。
このメールマガジンの中で「応援」し続けて行きます!
一緒に頑張りましょう!


※2012年上期講座開始時そのままの原稿です※


※※ お知らせ ※※

この人気コラム「今日のひとこと」に加筆修正、集大成し、
一冊の本の形にすることにしました。

テーマごとの3部構成となりますが、興味のある方はこちらを
ご覧になって下さい。

【coconala ココナラ】 http://coconala.com/home
NHK中国語講座の効果的な学習方法をアドバイス。
(中検2級獲得までの4年に渡る独学で知り得た
知恵とセオリーの数々をお教えします)
【1.準備編】 http://coconala.com/services/3557
【2.実践編】 http://coconala.com/services/3246
【3.コラム編】 http://coconala.com/services/3558


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※重要※ ■ 中国語簡体字表記に不具合のある方へ ■

▼このメールマガジンでは中国語簡体字表記を使用しています。
このため、受信されるメールソフトによっては、これを上手く表示
できないことがあります。(簡体字部分が?マークになります)

▼WEB版としてこちらでも同内容のものを配信しています。
こちらをご覧下さい。
 【40代サラリーマン、独学で中国語検定2級を獲得する】
 http://ameblo.jp/masay-ameba

ご不便お掛けし申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメルマガは、NHKおよび中国語検定協会、またその関係機関とは
 一切関係ありません。 
 ラジオ講座を使って外国語を学ぶ、同志の皆さんのお役に立てる情報を
 提供するため、個人的に発行するものです。

■最後までお読み頂きありがとうございます。
 ご一緒させていただいたこの時間が、少しでも皆さんの中国語力アップの
 お役に立てますように。。また次回お会いしましょう。下次见吧!

===================================================
【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】 

このメルマガは、
まぐまぐ!さん(http://www.mag2.com/)と
メルマ!さん(http://melma.com/)の
システムを利用し、配信させて頂いております。
まぐまぐ!さん メルマ!さん いつもありがとうございます。

配信中止・バックナンバーはこちら
(まぐまぐ!)http://www.mag2.com/m/0001456270.html
(メルマ!)http://www.melma.com/backnumber_193266/

発行人 山本まさよし (@masaygrkng)
発行人サイト 【40代サラリーマン、独学で中国語検定2級を獲得する】
          http://ameblo.jp/masay-ameba
===================================================

|

« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0197 | トップページ | 行政書士試験申請 »

中国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/57981262

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0198:

« 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0197 | トップページ | 行政書士試験申請 »