« 愕然、というより当然 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0192 »

ここまで出かかってるんやけど

ここまで出かかってるんやけど


民法の小テスト・空欄埋め問題。

「弁済期に債務の( 1 )に従った弁済の( 2 )をすれば、
債権者が受領を拒絶しても、債務者は債務不履行の責を負わない。」

さて、1はすぐ出てきたのだが、2がどうしても思い出せない。


確実に知っている言葉だ。絶対に知っている。


しかし「処理」だとか「義務」だとか全然違う単語が浮かんでは消え
邪魔をしてなかなか思い出せない。


「もう(喉元指差し)ここまで出かかってるんやけど…」


この歳になるともうしょっちゅう。本当に頻繁にあるものだ。

覚えても憶えても、小さな器なのか新しいものを入れると
古いものからどんどんこぼれて行く。


くやしい。絶対思い出してやる!!


どうやら、『思い出し力』のようなものがあって、これを鍛えることで
記憶力そのものが強くなるらしい。


”重要なのは「一生懸命思い出すクセを身に付ける」ということ”
(by 横溝慎一郎 LEC講師)


今ではいつでもどこでも「検索」が可能になってしまって、
思い出そうとする力をほとんど使わない日常。


これでは脳内記憶領域にアクセスしようとしても、そのラインが
細くて頼りないものだったら、引き出しを開けようとする前に
疲れてしまう…確かにその通り。

結果的には思い出せたのだけども、その時の気持ち良さって最高。

スッキリ!

そしてまた、このことで「単語として」憶えるのではなく、この問題
フレーズそのものがこの経験と共に一体となって記憶として定着する。

紙に手を使って何度も書くことも非常に有用なのだが、それをさらに
しのぐ記憶定着力。

※上の解答は 1 本旨  2 提供


~確実な一歩一歩で
はるか彼方の大きな山の山頂も気がつけば足元に。~
【今日の一歩】


Q 行政事件訴訟法につき、取消訴訟を提起できる処分をする場合の
教示について誤っているものはどれか。

<誤選択>
行政庁は処分を口頭でする場合には、処分の相手方に対し、
教示する義務を負わない。(正しい)

<正解肢>
行政庁は利害関係人から教示を求められたときは、所定の事項を
教示する義務を負う。(誤り)

→行政不服審査の場合とは違い、行政事件訴訟においては
利害関係人からの教示の求めに応答する義務はない。


|

« 愕然、というより当然 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0192 »

行政書士を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/57845709

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで出かかってるんやけど:

« 愕然、というより当然 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】#0192 »