« ちょっと風邪気味 | トップページ | 民法の改正 »

衆議院の予算先議、予算議決に関する衆議院の優越

今日の昼のニュース、「補正予算案が衆議院で可決」。

ちょうど憲法暗記精読中で、昨日やったあたりがちょうどこの条文のところ。


【憲法第60条】

1 予算は先に衆議院に提出しなけらばならない。
2 予算について、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に、
  法律の定める所により、両議院の協議会を開いても意見が
  一致しないとき、または参議院が、衆議院の可決した予算を
  受け取った後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、
  議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。


予算案は迅速性が求められるためこの規定だが、「法律案」については、
十分な審議を必要とし、「両議院で可決したときに法律となる」と第59条で
定められていて、

 衆議院で可決 → 参議院で否決 → 再度衆議院へ
 → ここで2/3以上の多数で可決したとき、法律になる。

迅速性という意味では国際間の信用問題もあるので「条約」に関する
決定はこの「予算」と同じ手続きとなる【第61条】


-----------------

まだ少し風邪気味。

食欲があるので、治りは早いはず。

もっとも食欲がなくても「食べて治す」方針は貫くのだが。


後はとにかく睡眠。そろそろ休もう。

|

« ちょっと風邪気味 | トップページ | 民法の改正 »

行政書士を目指す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/56847396

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院の予算先議、予算議決に関する衆議院の優越:

« ちょっと風邪気味 | トップページ | 民法の改正 »