« 読了 永遠の0 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】  ■第36号■ »

通字と偏諱(へんき)

通字と偏諱(へんき)

名前に代々受け継がれる文字、これを通字(つうじ)と呼ぶ

また、家臣の嫡子が元服した時に主君の名前をもらうことがある。これを偏諱(へんき)と言う。

例えば徳川秀忠は豊臣秀吉の秀という文字をもらっている。これは偏諱の例。

メールマガジン「ビジネス発想源」より
http://archive.mag2.com/0000134134/index.html


ウチも「通字」で4代続いている。

曽祖父(ひいおじいさん)の名前を知らないので、もしかするともっと続いているのかも知れない。


|

« 読了 永遠の0 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】  ■第36号■ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/55545314

この記事へのトラックバック一覧です: 通字と偏諱(へんき):

« 読了 永遠の0 | トップページ | 【ラジオ中国語講座で中国語検定合格】  ■第36号■ »