« 「40歳を過ぎたら「自分のため」だけに生きろ!」 | トップページ | テレビで中国語 »

「アイデアの出し方」

#読了 「アイデアの出し方」(ボブ田中 2009年)
amazon の紹介を見る

実際「アイデア」に行き詰っていた所へ目に飛び込んだこのタイトルの本。
平易で解りやすい文章、読み始めると止まらなくなる話題の展開。
半日とかからず読了。「実践してみたい!」が満載、「やればできるかも」
的確信とワクワク感。面白い名前の人だけど、他の著書も読んでみたい。
いや、これぞさすが広告マンなのか。

・フォトリーディングについて

・マインドマップの活用
⇒実際に読みながら自分でも作ってみたが、面白いように、意外に簡単に
出来るもので、これからの読書メモはこれで行くつもり。

・デジタル(ソフト・フリーマインド)でやるか、アナログ(手書き)でやるか。

・自分の考えを書くということは自分が得た情報と身に着けた知識を再整理
し、体系化する作業。そしてそれを公開するということは、アクセス数や読者
数に関係なく、自分の考えをしっかりまとめようとする意識が否応なしに働く
状況を作り出すこと
⇒このブログが自分にとってはその役割をしている、というかこの事を目的
として始めたのがこのブログである。

・マンダラートを使う

・ブレストとオズボーンのチェックリスト

・「考え抜く時間」をこそ優先する。
⇒一日に1時間ないし1時間半の「アイデア出し」の時間をスケジュール化する。
面倒くさいことを後回しにする⇒即ち、やらない、やる時間がない、忙しいから
時間がないという論理。

|

« 「40歳を過ぎたら「自分のため」だけに生きろ!」 | トップページ | テレビで中国語 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/48133187

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイデアの出し方」:

« 「40歳を過ぎたら「自分のため」だけに生きろ!」 | トップページ | テレビで中国語 »