« カリキュラム | トップページ | ロシア語検定 »

さくらんぼ

さくらんぼ~母と来た道~というドラマのDVDを借りてきて早速観ました。
どこか、何かで聞いて知っていたそのタイトル、しばらく探していた時期もあったので
思いがけず、そのタイトルを見かけてそんな事を思い出し、即レジに向かっていました。

http://www.sakuranbo-movie.com/index.html

(※注:音が出ます)

貧しい農村の家族の物語、なのですが、知的障がいのある母が娘にかける
深い、深い愛情を描いていて、やっぱりボロ泣きしてしまいました。
どちらかというと、そんな母子を見守る父親のそこはかとない優しさに涙してしまう
こともあって、結末はもう少しハッピーでも良かったのではとは思いつつ、読後感
というか観後感は非常に心温まる物語でした。

聞こえてくる中国語台詞は南方方言のなまりの強いものですが、ナレーションが
いわゆる北方R音のようなものがほとんどない、すごく聞きやすいものだったので
ある程度そこだけでも字幕から目を離して原語で楽しみたかったし、楽しめました。

  现在我还记得,小时候跟妈妈一起吃的樱桃。
  我自己一辈子都忘不了,永远都忘不了。

  今でも幼い頃の母と一緒にさくらんぼを食べた思い出は
  一生忘れることはないだろう。永遠に私の宝物として。

この言葉をチェックしたくてもう一度シーンを見返したらまた泣けてきました。
娘や息子がいる世代なら、ほぼ間違いなくノックアウト。お勧めです。

ところで。。
赤ん坊を連れ去られてしまって、桜桃が街を彷徨うシーンの中で、
雑踏に混じってラジオらしき音として聞こえてくるのは確かどこかで耳にしたような。。
候宝林氏と郭啓儒氏の相声(中国漫才)っぽいのですが。。

|

« カリキュラム | トップページ | ロシア語検定 »

中国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/47314295

この記事へのトラックバック一覧です: さくらんぼ:

« カリキュラム | トップページ | ロシア語検定 »