« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

さくらんぼ

さくらんぼ~母と来た道~というドラマのDVDを借りてきて早速観ました。
どこか、何かで聞いて知っていたそのタイトル、しばらく探していた時期もあったので
思いがけず、そのタイトルを見かけてそんな事を思い出し、即レジに向かっていました。

http://www.sakuranbo-movie.com/index.html

(※注:音が出ます)

貧しい農村の家族の物語、なのですが、知的障がいのある母が娘にかける
深い、深い愛情を描いていて、やっぱりボロ泣きしてしまいました。
どちらかというと、そんな母子を見守る父親のそこはかとない優しさに涙してしまう
こともあって、結末はもう少しハッピーでも良かったのではとは思いつつ、読後感
というか観後感は非常に心温まる物語でした。

聞こえてくる中国語台詞は南方方言のなまりの強いものですが、ナレーションが
いわゆる北方R音のようなものがほとんどない、すごく聞きやすいものだったので
ある程度そこだけでも字幕から目を離して原語で楽しみたかったし、楽しめました。

  现在我还记得,小时候跟妈妈一起吃的樱桃。
  我自己一辈子都忘不了,永远都忘不了。

  今でも幼い頃の母と一緒にさくらんぼを食べた思い出は
  一生忘れることはないだろう。永遠に私の宝物として。

この言葉をチェックしたくてもう一度シーンを見返したらまた泣けてきました。
娘や息子がいる世代なら、ほぼ間違いなくノックアウト。お勧めです。

ところで。。
赤ん坊を連れ去られてしまって、桜桃が街を彷徨うシーンの中で、
雑踏に混じってラジオらしき音として聞こえてくるのは確かどこかで耳にしたような。。
候宝林氏と郭啓儒氏の相声(中国漫才)っぽいのですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリキュラム

さて、昨年末の中国語検定を些末な事情で棒に振ってしまい、多少「やる気」
を削がれてしまった形になっている中国語だけども、語学は継続が要。折角
「始めた」のだから今年も何らかの形で続けて行きたい。

今年も年初めに立てた「目標」の中のひとつに「語学学習」を掲げた。

・主として「会話力」を磨き上げたい
中国語検定2級取得、を目標とするのではなく、学習の過程で取れるもの
なら取りたい、元々当初はそんな感じだったのだけど、最近は意地で必死に
なってしまってた感もあり、それがだんだん「面白み」を削ってしまう。
だから「初心」に返ろう、そう思う。
また、ロシア語についても同様で、一度ロシア語検定というのも受けてみる
ことにする。どちらも偏ることなく学習を続けて行きたい、その中で重点を置く
のはどちらも「会話力」を上げて行きたい、そんな感じだ。

「会話力」というのはやはり「相手」がいないとどうしたって身につかないもの。
今年、そんな目標を掲げられるのは、「老師」になってくれる人が現れたお陰。
会社の同じビルに同居する別の会社に同じ大学の後輩が居ることがわかり、
中国語を履修したという。年齢的には後輩だが、中国語に関しては大先輩。
今年から本格的に昼休み等に時間を決めて、指導してくれるという。

誠に有難い話。。このチャンス、活かさずにいられない。
そこで、会社の昼休みは曜日別に学習カリキュラムを作ることに。

月曜・ロシア語
火曜・中国語(会話練習)
水曜・ロシア語
木曜・中国語(会話練習)
金曜・中国語(文法・2級対策)

本当、会社に何しにいってるんだ?と言われそうな勢いだけども、こう決めて
行くと何ともいえないワクワク感があって楽しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒中お見舞い申し上げます

いよいよ松の内も明けました。元より4日から出勤でいきなり、そこそこ多忙な
日々が続いている私としては早くから既にお正月気分はきっちり抜けきって
しまっていましたが…

「リアル世界」で喪中だった為、年始のご挨拶は控えさせて頂いておりました。
メール、あるいはリアル年賀状等でご挨拶を頂戴した方々には改めて、この場
を以ってお礼方々、欠礼のお詫びを申し上げます。


つい先日、久しぶりにリアル店舗でCDを買いました。
「ちょっと気になる」レベルならiTunesで済ませる所なのですが、
それよりは少し踏み込んで知りたい、と思わせるような「何か」を感じ^^、
どうしても「ジャケット丸ごと」欲しくてまずはレンタルショップへ。
ところがあちらこちらの店をあたるけれどもなかなか見つからない。。

よくよく考えればその「聴きたい」と思わせたきっかけの曲というのがかなり
最近の曲だった事に気付き、SELLショップの方に行くとすぐ発見。
めちゃめちゃプッシュ、重点販売、どしどし買ってね的に店正面の一番
目立つ所に平積みされていました。

いきものがかり「ハジマリノウタ」

あ、これ聴きたい!な曲というのは「じょいふる」というタイトルでした。
(ポッキーナベイベー!ですな)

こういう曲を聴いていると自分で演りたくて仕方なくなってきます。
何度か聴くうちにギターパートばかり聴いてたりして…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »