« 千里共嬋娟 | トップページ | 亀山先生 »

中検受験、お疲れ様です!

毎年のことながら、今この時期、仕事が「どピーク」でなかなか書けない、というか
書く気になれない。。私なんかより遥かに忙しく世の中を立ち回っている人でも、
毎日情報を発信し続けている人が居ることを考えると本当にタフだ、と思う。

おかげさまで個人的にもメッセージももらえるので、やはりこう停滞が永くなると
心配をかけてしまい、申し訳ありません。。ここ数日は毎日自宅滞在時間が
6時間を切っているので睡眠時間は推して計るべし…でも何とか元気でやっています。

そんな季節に迎える中国語検定の試験日。

何度でも言うのですが「趣味」で、「好き」でやっているので、「苦労」とは
これっぽちも思ってはいませんが、それなりに「努力」しているつもりなので、
そういう意味ではそろそろ「意地」になっている部分もあります。

実際ここ最近はそんな状態で実質3時間以下の睡眠なのでテキストとノートを
前にすると一瞬で爆睡状態に入る日も多いし、電車内でのラジオ講座も
座席に座ってしまうと、いい子守唄になってしまうし、それでも「継続は力なり」を
実践し続けてきたつもり。

いざ、と迎えた今日(2009年11月22日)の試験日。

試験時間は昼からだし、自宅からは車で10分そこそこの場所にあるので、
気がゆるんで(毎度のこと)昼食もそこそこに、ギリギリの時間にバタバタと出かけ
ようとしたら…車のキーがない。。

スペアのキーも何故かあるはずの場所にない。。

まぁ、こんな時はこんなもので。。

この会場というのが車で10分とは言っても、山登りのような、というより完全に
山登りの坂道を登らないとたどり着けない場所にあるので、歩くとすれば30分
でもまずたどり着けない…それならむしろ逆方向にある最寄の駅へ20分かけて
歩いてタクシーを使おうか。。

他の普通な試験ならOKかもしれない遅刻、リスニングが始まると入場できない
中検のような語学の試験は遅刻は有り得ず、結局断念せざるを得ませんでした。

断念・・・なんとも悔しいものです。

今回をひとつの節目にするつもりだったので、こんな形で肩透かしを食らってしまい
唖然としている。。というのがもっと精確かもしれない。。

今回、原因というのは相方が普段持参している鍵と間違えて持ち出してしまった、
ということ。。「持った感じ」が全く違うはずで、例えるなら男が女物のパンツを間違えて
穿いて出掛けてしまったような感じ(変?^^)なのだけど…今回の無念を口にすると
「間違えない人間なんて存在しない!」と逆上され、怒られてしまったので、
「その通り・・・」と言うしかなく…自分は社会的弱者なのだ、ということを"改めて"思い
知りつつ…^^ 
もっと時間的余裕を持って動く、ということ、鍵のスペアは複数用意するという今回の
自分の本当の過ちをきっちり反省することで、とりあえず自分の気持ちの処しかたに
ケリをつけました。

いやはや・・・"グチ"での再開、全くもってお恥ずかしいものですが、前段の仕事も少し
小康状態、この3連休はきっちり休めるので、この有り余る時間の中で、今後のこと
をもう一度よく考えようと思います。

今日本日受験された皆様、お疲れ様でした。

|

« 千里共嬋娟 | トップページ | 亀山先生 »

中国語」カテゴリの記事

コメント

それはそれは...(真不知道该说什么)

状元さんも大変な目にあわれたようですし
http://zhuangyuan.exblog.jp/10427527/

実は私も山奥でスクーターの鍵をなくして現金なし・携帯電話なしのピンチになったし(いろいろな方のご厚意で助かりました)。

小さな災いのおかげで大きな災いを避けたと思うことにしています。

投稿: Shira | 2009年11月22日 (日) 午後 10時09分

Shiraさん、コメントありがとうございました。
「小さな災いのおかげで大きな災いを避けた」
まさにこれなんですね。気持ち、心の処し方。「器」の大きさにつながる
部分だと思うので常に心がけたいもの・・・
状元さんのブログの紹介もありがとうございます。
また非常に興味深いページですね。思わずブックマークしてしまいました。
しばらくして後にコメントからご挨拶してみたいと思います。

投稿: masay | 2009年11月23日 (月) 午後 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/46830762

この記事へのトラックバック一覧です: 中検受験、お疲れ様です!:

« 千里共嬋娟 | トップページ | 亀山先生 »