« 『新兵器』その後 | トップページ | 「満漢全席」 »

座右の銘

いつも勉強用に使っているノート、(とは言ってもほとんど"書きなぐってるだけ"
ですが)使い始めの一番最初のページに必ず書き記す一文が有ります。

いわゆる座右の銘のようなモノ、真新しいノートの扉にあたるページの真ん中に、
最高に丁寧な字(のつもり)で心をこめて書くのが

不怕慢,只怕站。「ブパマン ジィパジャン」
(ゆっくりでいい、ただ立ち止まるな)

これは前期「テレビで中国語」の一番最後のレッスン中で古川先生が卒業の
お祝いのようにして贈って下さった言葉。
実際今、語学は趣味で続けているようなものなので、いつでも止めて良いわけ
だし、ちょうど今中国語の方は伸び悩み中で、心折れそうな時も多いですが、
折角目標を決めて始めたからには…という思いもあり、この言葉を見る度に
励まされる、というか何らかの「安心感」を覚えます。

で、そんな「座右の銘」が今日もうひとつ増えました。
先週の「まいにちロシア語」今週のまとめ"もっとロシア語"の中で命令形の話の
延長で出てきたいくつかのことわざの中にいい一文

Век живи,век учись. 「ヴェク ジヴィ ヴェク ウチース」
(一生、勉強。)

仕事上でも普通に生活していても、いつも「日々是勉強」と思う瞬間が多い
もの。。歳を重ねて経験を積んだとて、それは同じ。
むしろ日々新しい発見に喜びを見出せる事こそ、幸せなのでしょう。

一生、勉強。

|

« 『新兵器』その後 | トップページ | 「満漢全席」 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/45891538

この記事へのトラックバック一覧です: 座右の銘:

« 『新兵器』その後 | トップページ | 「満漢全席」 »