« 大熊猫 | トップページ | 捌月の梅雨明け »

折り返し点

早いもので各語学講座も4ヶ月目、折り返し点を過ぎ、急に内容が発展してきて
難しくなる頃合…
「まいにちロシア語」も6つの格変化の内、主・対・前置・与と来て後残すは
理解に少し時間のかかる生・造の2格を残すのみ、そしてまた一つの大きな「壁」
とも言える完了体・不完了体動詞の説明に入った所で相当の脱落者が出ると見えて
もう全く売れないのでしょうね、テキストの発注部数が極端に抑えられてしまって
いるのか近所の小さな書店では見かけなくなってしまいました。

「ゆっくりじっくり」とは言っても6ヶ月でロシア語のそのエッセンスだけでも
捉えるには、乗り越えるべきハードルがちょっと多い様な気がします。
まぁ、どの言語にしても半年というスパンでは厳しいというか、どのレベルを
以って「基礎の完成」とするのか、という事もありますが、いずれにせよ「全く知識
のない状態から」始めるには熊野谷先生のこの講座は少しテンポが速いのかもです。
私のような過去に学習経験がある者にとって、歯切れ良いテンポでポンポン進み、
かつ良質な内容の今期「まいにちロシア語」は非常に聞き応えあり、毎日楽しみに
している程なのですが…個人的には是非次はTVの方にもご出演願いたい位。

で、結局何が言いたかったのかというと、月毎にテキストを探すのが大変になって
くるので困る、と。。8月号も結局、大阪の巨大書店でやっと見つける事ができた
というほど。しかも残り2冊でした。

|

« 大熊猫 | トップページ | 捌月の梅雨明け »

ロシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/45787119

この記事へのトラックバック一覧です: 折り返し点:

« 大熊猫 | トップページ | 捌月の梅雨明け »