« 電子辞書 | トップページ | 不行・可以 »

作文!作文!

中国語の勉強を始めて2年あまり、NHKの語学講座とPodcastを
中心とした独学で、学校に通っているわけではないので、それだけ
余計にいろんな参考書や問題集が欲しいとは思っているのですが、
まだまだやはりそれらは「専門書籍」の部類にあるため、どれも高額
でなかなか手が出せず、これまでも『中検対策』を大義名分として
なんとか購入に踏み切ったものが2、3冊あるくらい。

しかし、最近中国語関連の本、むちゃくちゃ増えてますよね。
ここ1、2年のことじゃないでしょうか。書店に溢れかえるようにして、
しかもこれまで英語の次くらいに場所を占めていたはずのハングル
やドイツ、フランス語を凌ぐ勢いに感じられます。

値段はまだそれでも高い部類ですが、選択肢が広がり、面白い
様々な観点からの学習書がたくさん増えていて、書店通いがそれ
だけで楽しいほど。

その中でもちょっと前から目をつけていて、少しでも余裕が出来れば
手に入れたいなと思っていたものがありまして。


松岡榮志・木村守著「中国語作文・1025題」


2部構成で1部は日本人が間違いやすい表現等を「中国人はこうは
言わない・こう書くべき」みたいなニュアンス面から解説してくれる対話
講座形式、そして第2部は文字通り「鬼の千本ノック」的な、本当に
1000題ある日文中訳の問題集となっていて、帯にある言葉
『作文に必要な2大要素は「質」と「量」!』
に完全に魅了され、本屋で発見して以来欲しくてたまらない一冊
でした。

なら、買っちゃえば…なのですが、やはり基本「あまりお金をかけないで」
と考えている以上、あくまで「少しでも余裕があれば」ということで、
しかもそんな「余裕」はなかなか生まれません。

で、思うところがあって、ちょっと試しに実行してみました。

「町の図書館に購入リクエストを出す」というのがそれなのですが、
こんな小さな町でも同じような中国語学習者がいて、その人もこの本が
この図書館にあったお陰で飛躍的にレベルアップできた…とすればすごく
良いことをした、という事になるんじゃない?

様々にモチベーションをあげて(理由をかこつけて)リクエストを出して
みたら…10日くらいしてほぼ忘れかけていた頃に入荷(違うか)の連絡が。

有難いものです。伊達に高い税金を払っているわけではありません。

ただし、この本を受け取る際に何だか大きなメモが貼ってあり、係りの
人がその内容を伝えるには

「こういった本は今後購入できませんので、今回だけの特例として
ご理解下さい」

とのこと。詳細を聞けば、この本自体、作文の部(その1000題のページ)
は書き込みができるように(書き込め、と言っているように)なっていて
公共のものである図書館所蔵の書物としては、どうしても「心無い人の
ことも考慮しないとダメ」。要するに、書き込みされて汚し汚され、永く
所蔵の書物として維持できないであろう、という事。

「購入してから解ったことなので、今回だけ」

とさらに念押しされました。

ちょっと悲しい話ですが、今の時代、信じられないことに、こういった
書き込み云々関係なしに、どんな本であれ、破られ、書き込みされ
折り曲げられ、汚されるケースが多いらしく、以前その実物が展示されて
いたのをみて本当に悲しい気持ちになりました。

本を大事にしない奴は誰だ?

というか。。親の教育なんだろうね。
そういう奴の親もそのまた親も本をずっとバカにしてきた輩なんだろう。

いや、そんな事を言いたかったのではなく、(それも声大に言いたいが)

ともかく、この「作文練習帳」は非常好!特別有用!です。

先日辞書の話を書いた時、自分が持っている「紙の辞書」(クラウン
中日辞典・これも古本屋で手に入れました)の著者が松岡榮志氏
でした。

|

« 電子辞書 | トップページ | 不行・可以 »

中国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/45325379

この記事へのトラックバック一覧です: 作文!作文!:

» 中国旅行での知っておきたいこと [中国旅行で楽しむためには]
中国旅行で必ず気をつけたいことは、生水は絶対に飲まないようにしてください。 屋台などで販売しているミネラルウォーターの中身が水道水のこともあるので、キャップが 開けた形跡がないか、よく確認するべきです。 歯磨きでさえ、ミネラルウォーターでする必要がありま...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 午後 11時22分

« 電子辞書 | トップページ | 不行・可以 »