« さらに昼勉! | トップページ | TECC当日 »

獣の奏者・再び

土曜日は18時25分からNHK教育テレビ、『獣の奏者エリン』。
大切な家族団欒の時間、ちょうど食事前後の時間で、家族全員で
楽しみにして観ています。

今日の『竪琴の響き』のこの回は原作者、上橋菜穂子さんがこの物語
を発想した、一番最初の『コアイメージ』だったシーンが含まれる回でした。

「決して人に馴れない大きな獣、そして一心に竪琴を奏でる少女」

厳密に言えば少し違うイメージの場面ですが、この一件からエリンと
その周囲の世界を巻き込んでの大きな転換点となった、些細だけども
重大な事件の発端となる一シーン、物語の「核」となる一場面であった、
という点では間違いないと思います。

優しさに満ち溢れ、かつ神秘的なこのワンシーン。。
すごくすごく美しく描かれていました。

製作側も重要かつ鍵となるシーンと理解した上で、かなり力を込めた
造りをしている様に思われ、こちらも実際涙が出そうな程感動しつつ
観させて頂きました。

竪琴の製作にあたり、セ・ザンのイアルが手伝っている、など原作にかなり
アレンジが加えられている部分もありましたが、大切な「音」を失ったとしても、
リランとの心の通い合いを選んだエリンの心、という最も重要な点が原作に
忠実にちゃんとしかも上手く表現されていたのも好感が持てます。

ただのアニメ、されどアニメ。。

一度原作で物語世界にどっぷり漬かった身には、一層強い感情移入が
あって、今回の感動が今後の物語への期待をさらに大きくしました。

|

« さらに昼勉! | トップページ | TECC当日 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538443/45255562

この記事へのトラックバック一覧です: 獣の奏者・再び:

« さらに昼勉! | トップページ | TECC当日 »