« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

懐中時計

懐中時計
懐中時計


今は携帯電話があるし街中どこに居ても大概、時間を確認する術があるし、
袖口が汚れるし、少し金属アレルギーっぽい所がある事から、もともと腕時計
は「しない」派でした。

それでも高校生くらいの時にはやっぱり時計は必要で、その当時から懐中時計
を使い始めたのかな?大学時代は確実に必須アイテムのひとつだったのは
記憶にあります。(ジーンズの右側の小さなポケットにいつも時計が入ってました)

で、写真は大学の卒業旅行(のようなもの)で行った時に手に入れたソ連製の
時計。ちょっと「時計が必要なシチュエーション」にある為、ゴソゴソ探していると
出てきました。ねじ巻き式ですが、かれこれ20年以上も経つのに意外と正確に
時を刻んでくれます。

さて、「時計が必要な状況」についてですが、来週のTECCと3週間後の中検で
使おうと思っています。
試験会場には時計の類がなく(教室にあるものとばかり思っていました)、
受験票に指定してある「持参物」にも時計が明記されています。
これまでも幾度か試験を受けましたが、どれも時計なしで来ましたが、前回の
中検で結構時間が気になるレベルになったこともあって次回はちゃんと用意
して置こうと思った所、冒頭の通り、携帯ひとつで事足りていたので、そういった
時計の類が手元にないことに気づきました。

それで探していると出てきたのが写真の時計。

こんなの持っていっても大丈夫かな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の自分のデスクに飾ってあるカレンダーは2種類。

ひとつは普通に日々の予定も書き込める、家の近くの理髪店で
もらった卓上カレンダー。
そしてもうひとつは会社の上海の事務所で作っている中国国内
向けギブアウェイのもので、当然祝日も中国のもの。「春節」や
「国慶節」の日がちゃんと赤色で休日になっています。

これには『農暦』(日本で言ういわゆる旧暦)の表記もあって、
これらを眺めるだけでも結構楽しいものです。

ちなみに一昨日28日は『端午节』。旧暦5月5日「端午の節句」
の日でした。新暦でお祝いする日本の「子供の日」はゴールデン
ウィーク真っ只中の休日。中国では旧暦であたるこの日が休日
だったんですね。日付が赤色表示でした。

さて、このカレンダーを見ていてさらに気付いた事がもうひとつ。
表記されている「月名」がどうも変なのですね。

肆月、伍月、陆月、柒月。。

五月は読めても四月や七月のこれは一体…?

辞書を引くと、読みはそれぞれの数字の中国語読みと同じ。
(当たり前か)いわゆる『大字(大写)』というもので、日本でも
領収書なんかの金額表示に使われる難しい方の字(二⇒弐)
がありますが、あれなんですね。

読みの音も違うので中国のそれはまた別の字が当てられている。。
ちょっと面白い発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い!

異常に眠いです。

TECC試験も一週間を切り、中検も残るひと月でどこまでレベル上げが可能なのか
わからないけれど、そろそろいろいろと対策をしていかなければならないのは確か。

でも眠くて頭が動かない。。気だけが焦って、作文練習もしたい、長文読解練習も
聴解練習もしたい、何より語彙アップの単語攻めもしたい…何でもかんでもしたい
のに何も手につかない内に時間だけが過ぎていく。

非常にヤバイ状態だけど、これを覚悟してこの時期の試験を申し込んだんだし。。

でもこれほど仕事も忙しく、そして体力も落ちているとは思いませんでした。

後は運を天にまかせて。。いやアカンアカン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『獣の奏者』

今日は疲れ過ぎてしまって仕事を全部放り投げての帰宅。

まぁ、一時的に放り投げられるレベルにはなった、という事ですが、会社を出る
直前、依頼のメールがまた山ほど来ていたのを確認。。明日は朝からそれこそ
必死。

とにかく眠い。昨晩は3時間も寝ていないので当然だけども、土日と結構寝貯め
出来てたと思うのに…帰りの電車も座れた瞬間に完全に寝落ちていた。

で、帰宅したときにはその電車での熟睡が少し効果あって元気になって、
今最高に面白く読み進めている本を開いたから最後。。結局こんな時間。

毎週土曜日の夕方にやっているNHKのアニメ「獣の奏者 エリン」を家族皆で
楽しみにして観るようになり、その物語世界にどんどんはまってしまい、
先日図書館でその原作本を見つけ、今貪るように読書中。。とは言っても
なかなか時間がとれなくて、こんな時間になってしまうのですね。。

宮崎駿のような、冨野由悠季のような、なんとも独特の世界。

さぁ、もう少しだけ続きを読んで、1時になる前には寝よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月

昨日から5月に入り…(旧暦では、の話です)いよいよ梅雨の到来。。

「五月晴れ」というのは実は梅雨の合間にある稀な晴れの日を言うのだ、
と言うことを旧暦についての本を読んで知りました。
ゴールデンウィークのあの晴れの特異日のような、すっきりとした
汗ばむような晴れの日を言うのだとばかり思っていましたが。。
旧暦ではこれからやっと五月なんですよね。

今日やった中国語作文の中からひとつ。

■若い時には美味しく食べるというよりはお腹一杯たくさん食べることが優先だ。

对年轻人来说,与其吃得好,不如吃得饱。

もうやたらめったら日本語から忠実に訳し始めてもダメなんですよね。
うまく意訳すべき所は意訳して、簡潔にかつ、意を外さずに訳す…
んん。。奥が深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK語学テキスト6月号

結局「テレビで中国語」は買わないでおきました。

基礎の復習にもならないレベルでもあり、今期はどうも何か
「求めているもの」とは違う感じがして…番組は一応見続ける
けれども、テキスト準備してまで…という感じ。

「北陽」の二人を責めるつもりはないのですが、明るいのは
良いけど、チャラけ過ぎる所はちょっとウザい。。

ラジオの「まいにち中国語」の方だけを手に取ってレジへ…

その後の話、やはり「まいにちロシア語」の熊野谷先生が
どうも気になって、それこそ「まいにち」聴き続けています。

今期、ラジオ講座は「基礎編」「応用編」の区別がなく、全て
が「基礎編」の本編と「アンコール」と冠される過去講座の
再放送、という構成になっていて、「アンコール中国語」に
ついては少しだけレベルの高い、前期小野先生の「ちがい
のわかる」シリーズですが、ロシア語のそれは本編同様、
前期の「基礎編」を再放送しています。

できれば「ロシア語の応用編」が欲しかった所。。

ところが熊野谷先生のこの「基礎編」」、ここ最近の放送は
私もちょっと耳と頭をフルに動かしてもわからないロシア語
がグルグル回っていることに気づきました。

会話スキットは「完了体・不完了体」にもまだ入らない「初級の
初級」。
なのに、『なぞなぞ』だとか、ロシアの文化の奥深い話を
難しい単語を使ってツラツラと説明していたり、実にそんな話
だけで放送本編の半分を使っていたり、と(確か、今週のまとめ
の日でした)いわゆる「応用編」さながらな内容で、ちょっと
テキストをちゃんと買って予習もしてみたい、そんな気にも
なってしまうほど。

熊野谷先生、話すテンポも速いので短い時間に恐ろしい程の
情報量を詰め込んでくることもあって、かなりの濃度です。


先週も面白かったですね。

「私の名前にも「熊」という字がついているのですが、ロシア人
の名前にも「熊」という意味の言葉を持つものがある…」

と切り出した時には私も即座にロシア現大統領の名前を
想い起こしました。(※メドベージェフ大統領・メドヴェチ=熊)

そこからさらに「熊」にまつわる興味深い話が続くのですが、
これがまた面白い面白い。

月末に入って店頭からどんどんテキストが見られなくなって
来るので早めにゲットしに行かなくては。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TECC

今日は少し早めの帰宅。日付が変わる直前に自宅着しました。
もう本当、眠くて眠くて…とりあえず4時間は寝られるかな…

さて、いよいよ再来週となるTECC試験の受験票が届きました。

Tecc

静かで空調の効いた大学の教室。。試験中、絶対寝ると思う。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最ピーク!

いきなり突入しました。一年を通して2度ある仕事の最大ピーク時期。
自宅での滞在時間が6時間前後になってしまうので、PCに向かう時間も限られ、またここも更新が滞りそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異様

一種異様な雰囲気ですね。
見た目半数以上はマスク。
そりゃ売りきれるわ。。

朝の通勤風景…今日のところ実際は半数以上、とまではいかない位のはず
だったのでしょうが、ラッシュ混雑時の人ごみであれだけのマスクを見れば
正直怖いくらい。。

マスクしてない方が白い目で見られそうな。

新型インフルエンザ、現在の国内感染者数は既に100人超。
その多くがこの関西・阪神圏。

逃がれようがないこの状況。映画とかの物語の世界さながらです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

林志玲-テレビで中国語

綺麗な人ですね…「美しい」という表現がこれほど当てはまる女性、
久しぶりに見た感覚です。

Lzl01

しかし声がその姿に似合わず「可愛い」と来たら…

まぁイチコロでファンになってしまった訳ですが、彼女のその「可愛い」
声で発せられる中国語はかなり聴きやすい、ということで自身の
モチベーションの観点からしても「恰好の語学教材」になり得ます^^。

前クール、小池栄子さん時代の「テレビで中国語」にはインタビューに
中国語字幕も付いていたのですが、なくなってしまったのでしょうか。。

まだまだ未熟な耳なので小さくて聞き取れない接続詞や助詞までの
ディクテーションは全然ダメですが、大意だけでも解る、というのは
やはり快感。。というかこの人の声、もう少し聴いていたい気がする。。

Lz02


「~而且我自己觉得导演希望通过这部作品、让大家感觉到现在
需要的希望,爱,勇气和和平。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズドーラヴァ!

『まいにちロシア語』、クセになってきました。
熊野谷先生のこのテンポ、非常に耳に心地良いです。

来月からテキスト、買おうかな。

「здорово!」でしょうか。

表現としては新しいのでしょうか。私は知りませんでした。
音から派生する意味も含めて想像して文字にするとこうなるのな?
明日にでも本屋さんでテキストを確認してみよう。。

で、久しぶりに大学時代に使っていた手垢まみれのコンサイス
露和辞典(1984年・第4版)を引っ張り出してきて、この単語で
引いてみると、

俗語・うんと;うまく;он~пьёт 彼は酒が中々いける

とありました。

まだ「すごい!」的な意味は辞書にはなかったみたいですね。
というか、今の最新の辞書にもないのか。。調べたい事がたくさん
出てきました。


中国語で言う所の

「真棒!」

ですね。やはり頭の中では「露→中」については日本語を介さ
ないで理解している感覚。。なんか楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼勉!

以前勤務していた職場は昼休みの概念そのものが無いようなもので、3回位のシフトで
皆に食事に行ってもらった後に自分がやっと行けるといった感じで、タイミングが合わず、
16時過ぎに昼ご飯なんて結構ザラでした。とは言っても夜も遅くまで(確実に日付は
変わる)仕事は続くので食べる時間としては却ってそれでもよかったのかも知れません
がやはり体にはあまり良くないですよね。いやぁ実際若かった。

今の職場は昼は確実に昼であり、忙しいから"5分メシ"で済ませる、なんてことも皆無
で、この普通でごく「当たり前」な事を、非常に有難く受け止めつつ、じっくりと充実した
時間として過ごしています。

まず早メシは止める。食後に一杯のコーヒーは欠かさない、歯磨きだってしちゃう。。

んんん…至福の時。。

で、中国語検定を受ける事に決めた日からこの時間、少しだけ勉強に割りあてる事に
しました。

最近、中国語学習本がやたらと種類が増えて、新しいだけに当然、レビュー的なもの
はほとんどなく、本屋さんで一つ一つ手に取って吟味する必要があります。(まぁ、
この作業がこの上なく楽しい訳ですが)目下の自分の必要とする所、そして何より
流し読みでも「フィーリング」が合った物を選ぶ、という事で今回の私の「2級対策」
メインテキストはこれ

2kyu

池田書店 中国語検定2級問題集(頻出単語集付)

私の圧倒的な弱点である語彙力、慣用句、介詞の類が重点とされていて、
付録の単語集とCDが秀逸。これも例のiPodに入れて毎日1ページづつヘビロテ状態
で聴きまくっています。かと言って、そう易々とは頭に入ってきませんが。。
読み上げ順序は、「日本語→中国語」も選べたら良いのにな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヤホン

愛用しているiPodのイヤホンの調子が良くありません。

毎日の必需品、語学学習にも、読書のBGMにも、音楽を楽しむにも、
Podcastで情報を得るにも…とにかく移動中、特に一人になれる時には
私には絶対に欠かせないアイテムとなっているiPod。

当然コイツに欠かせないイヤホン、ちゃんとした音が出なくなってしまいました。
まだそんな長く使った感じはしないのですが、まぁ毎日の事ですからね。。
中音域、あるいはある部分の音だけが欠落したようになってしまい、というか
語学やるのに人の声の域の部分がほとんど聞こえないという完全に致命的
状態。。

データの一部が落ちてる様な感じなので最初はiPodの故障かと思い、
本体のリセットをしてみたり、iTunesから転送し直してみたりしたのだけど
治らない。。で、イヤホンを以前使っていたものに換えてみると、全く問題
なく聞こえた事でイヤホン側の不調と判明。
iPod本体は大丈夫だったので安心した、とは言え、すごく気に入っていた
イヤホンだっただけに、それはそれでショックでした。

繊細な女性ヴォーカルから重低音のヘヴィメタまで楽しめて、また特に
AMのラジオ講座もよく聴くので、余計な雑音も軽減されたようにも
聞こえるPHILIPSのSHE9700

20090513203308

某サイトの口コミ情報でも価格パフォーマンスが高い、と評判が良くて
手に入れましたが、実際に満足度は非常に高かったです。

通勤電車中での語学学習、ということで、トンネルに入ると聞こえなく
なってしまう→音量を上げる→激しい音漏れ、のような外音に左右され
ず、尚且つ周囲に迷惑のかからない、いわゆる耳栓(カナル)型から選ぶ
のですが、これ以前に使っていたものはaudio-technica ATH-CKM50

20090513203416

それなりにエイジング(音慣れさせる事)もして、低音もはっきり聞こえる
ようになり、耳の方もその音に慣れて来た頃、満員電車で他人のバッグ
に引っかかったか何かで強く引っ張られてコードの皮膜が破損、断線
しかかっていたので急遽新たにSH9700を買った、という顛末だったのですが
今回のこのピンチに少しの間の復活です。

ところが…これが今となっては非常に聴き辛くてたまりません。。

音楽を聴くには全く問題ありません。むしろシャリシャリな高音が好きな
人には今最高に良い状態なのかも知れない。

しかし中国語というのがこんなにS音、またはTs音の多い言葉だったのだ、
という事を「思い知る」程に「サ音」がキツく耳に刺さり、iPodのイコライザ
を駆使して、少し軽減されたとしても、そのままの設定では音楽を聴く時
には音割れを起こしてしまう。。

困った事になりました。
新しいのを手配するか…でも今はPHILIPSはちょっと買不起。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旧暦

旧暦
いわゆる太陰太陽暦なのですが、最近非常に興味があります。奥が深いやら知ればしるほど結構頭を使うので一度ちゃんとした本を読んでみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

Mday002

チビたちが自分のお小遣いで自分たちなりに考えた贈り物。

さすが良く知ってる。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中文造句

休日ですが、今朝も早朝から中国語。時間を気にしなくてもいい、という
のが心理的に良かったり、反面ちょっとダラダラしてしまいがち。。

現在毎朝取り組んでいるのは、某amazonの口コミ評判に興味を持ち
近くの書店で発見してしまい、ついつい手に入れてしまった問題集、
『中文造句』。

Zhongwenzaoju

中文造句 (東方書店)

巻末の『おわりに』で、

「中国人はまず"造句"から始めて"作文"に入ると言われています。
…(中略)…本書は中国語法を初歩から学びながら、たくさんの
練習問題を一題一題トレーニングすることによって短い文を構成
する方法を自然に、かつ正確に身につけることができるように編集
してあります…(後略)」

と書かれている通り、各語法について10の例題と10またはそれ以上
の練習題がついているので、ある意味「作文の1000本ノック」のような
感覚で鍛え上げられて行くような"やり応え"があります。

また『不該集』が秀逸。外国人学習者、特にベテランでもついうっかり
誤りがちな表現を集めた28ページに渡る例文集は「付録」とされて
いますが、充分なメインコンテンツではないでしょうか。。

今日の課題の中にこんな例文がありました。

・電話に出ると彼の声だったので、彼女は有無も言わせず電話を
切ってしまった。

・一听是他的声音,她不管三七二十一就把电话挂断了。

この『有無を言わせず』が全く思い起こせなかったのですが、答え
あわせをしてみてもこの『不管三七二十一』が何なのか全く解らず、
中日辞典にも載ってないし。。

ちょっと思い付いたことがあって、ゴソゴソ探し出したら出てきました。

いつかの「中国語ジャーナル」に慣用表現の特集があって、その部分
を切り取って置いておいたものがあるのですが、果たしてそこにちゃんと
載っていました。

・老王一看就不管三七二十一地把小李说了一通。
(王さんは委細構わず李君をしかった)

…うゎ。。全然憶えてなかった。。

50個の慣用表現、これももう一度見直さなければ…

まぁ、ページ内をよくよく見るとちゃんと(成語)と説明されていましたが、
基礎ばかりでもなく、こういった表現も織り交ぜながらの作文練習は
かなりの「脳トレ」になっていると思います。

まさに私にとっての『朝錬』。

でも、ちゃんと身に付けなければ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK国際放送

先日の投稿で「豚インフルエンザ」という表現をしたのですが、
現在は『新型インフルエンザ』と呼ばれている様ですね。

というのも、毎日ダウンロードしているPodcastの番組のひとつに
NHKの国際放送の中国語版があって、そこで

「新型流感」

という表現をしていたので気付いた、というのが何とも聞こえが
カッコいい^^。

ともかくもこの中国語版ニュース番組、結構面白く聴けます。

朝のTV、新聞等である程度情報は既に把握しているので
全く内容が解らない文章を聴く訳でなく、先の「新型流感」
のように、中国語でどんな表現がされているのか、に気付く
ことが一種快感、というか、かの脳科学者の茂木先生の
いわゆるところの「アハ体験」のようなものでしょうか。

ここ最近は、各国別感染者数なんかが読み上げられることで、
数の聞き取りの訓練にも、国名の確認にもなっています。

放送時間はちょうど10分間。「ちょっと聴き」にはちょうど良く、
放送原稿は携帯でも確認できます。これって語学学習者向け
なんじゃないかい?とも思えてしまう様なサービスですね。
なのでiPodを持っているのなら、かなりおススメの番組です。

http://www.nhk.or.jp/nhkworld/chinese/top/index.html

※余談ですが、今は日本語ではあまり聞かれない、いわゆる
「局名アナウンス」が懐かしいです。

「这里是日本国际广播电台 N・H・K」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宣言

昨晩、ネットにて中国語検定2級の受験申し込みを済ませました。

リベンジです。今回は必ず合格します。(したいです。)

何でこんな頑張ってそんな宣言するのか…


ここ数年来、年の初めに必ず『今年の目標』というのを掲げています。
『目標』というからには達成させたいものです。

2007年のそれが、キッカケは不明だけども、何がしか思う所があり
「中国語の勉強をする」というものでした。
春になり、NHKの語学講座も新たに開講するので、テキストも揃え、
毎日の放送を確保できるようにして(例のラジカセ+タイマー)、
全く初めての世界に飛び込んだのでした。

しばらくして「中国語検定」の存在を知り、どんなものなのか
まずは試しに受験してみたのが、そんな開始から半年後のこと。


4001_2

第63回(2007年11月)試験 4級合格


NHKの語学講座というのは半年という短い期間の中、ギュッと
濃密に圧縮されたスケジュールで、どんどん進められて行きます。
先日もここで書きましたが、相当聴き込みましたし、半年とはいえ
かなり耳が慣れて来ていたのだと思います。
この時、はっきりと「4級」というレベルがどうなのか、は知らずに
受験をしましたが、意外と行けてしまった訳で、随分自信もつき
ましたし、この「級をもらう」ということでモチベーションが上がりました。

意外と行ける。。
自ずから、2008年も「中国語の学習」というのはその年の「目標」
の一つとなり、具体的には中検3級取得、そしてもうひとつ「HSK」
への挑戦、となりました。


3001_2

第64回(2008年3月)試験 3級合格


NHK中国語講座も「応用編」の方を聴くようになり、このレベルと
なると辞書も必要になって古本屋さんで「中日辞典」を格安で
手に入れたりして、「受けるからには…」と、問題集を一冊だけでも
買ってやってみる等、それなりの準備もした結果、何とか受かりました。


Hsk001_2

HSK基礎受験(2008年5月) A級(3級・初等C級)判定


HSKも「とりあえず受けてみる」つもりでしたが、事前準備はやはり
しておきたかったので受験申し込みの時に一緒にカセットテープ付
の教材も申し込みましたが、「本当にこんなのを受けるのか?」と
逆に不安になるくらい敷居が高いというか。。難しかった。。
結果だけ見ると最初から初中等級から受験しておけば…と思うの
ですが、試験会場で久しぶりに緊張で一杯いっぱいだったのを
思い出せばこれで良かったのだろうと思います。


HSKに比重を置いていたのと、時期的に仕事が逼迫して来て
当日の内に帰宅できない日々が続く、中検6月試験はパス。
勉強を始めて1年半となる、11月試験で初めて「2級」に挑戦。


2001_2

第66回(2008年11月)試験 2級不合格


いや、甘かったです。
3級と比べて、いきなり難易度がアップした感じ。得意としていた
はずのヒアリングでも思ったほど点は取れないし、何より語彙力が
相当に乏しいと思われ、長文聴解、長文読解でことごとく点を
落としてしまいました。いえ、文法もボロボロです。ほとんどアテずっぽ
でよくこれだけ点数がとれたものだ…と。。

さて、冒頭の通り、次回2009年6月試験はこのリベンジとなります。
この6月はさらにTECCも受験するつもりなので、とにかく語彙力を
中心に基礎力をさらにアップする必要があります。

2009年初めに掲げた今年の目標は…『中検2級取得』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休最終日

連日ニュースは豚インフルエンザ、または1000円高速の渋滞ばかり。天気もあまりよくないことだし、例年のキャンプはなくてよかったのかも。
スケジュールも合わない、というか、連休最終日の今日は中学校の参観日ということで、こんな日に学校行事が入るものなのか、と思いつつ、案外に授業やクラブ活動の様子はかなり楽しめました。

さあ明日から平常営業。
さっきiPodを同期したら、Podcast番組が有り得ない位たまってました。
24番組って…
多分聴ききれない…肯定要听不下。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まいにちロシア語

ロシア語界の新星?初めてお目にかかる、というか良い感じですね。
熊野谷葉子先生。よどみのない、アナウンサー張りのハッキリした声、
何より若々しい声というのは良いものです。聴いていて心地良い。
発音も良いですね。P(エル)音がちゃんと聞こえます。

ただ、日本人の発音しやすい、日本人に聞き取りやすい、いわゆる
日本語訛りのロシア語な印象で、ロシア語歴はそう深くないというか
あまりどっぷりと浸かっていない感じがしました。

例えばчитатьを発音する時に私もそうですが、
чьтатиと発音しがちです。

どちらかというと「"チィ"ターッ」みたいな感じになるはずなのですが、
やはり直後の、ネイティブのニキータ先生の発音ではそうなっていました。

開講から1ヶ月、文字に慣れることから始まることから、他の言語講座
から比べると一歩遅いペースな感じがしますが、どうでしょう。
今回、動詞が初めて登場したようです。

Мы читаем журнал.
Я читаю журнал.

我们看书
我看书

まだまだこのレベルなら露文中訳は全然可能です^^

中文露訳は、まだ「中→日→露」の頭なので全然ダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ICラジオ

今日は立夏。暦の上では夏いよいよ到来となりました。

毎年のGW、強い日差しに汗ばむような陽気、の印象ですが、今年は
私の住む近畿地区近辺では昨日、今日とあまり優れない天気模様。
今日は小雨さえ降っています。

さて、件の新兵器、SANYO ラジオ付ICレコーダー ICR-RS110M
早速使用してみた感想をば…

操作方法については簡単な方でしょう。

Icr001



小さな筐体なので、自ずとボタン類が少なくなってしまい、それぞれ
一つ一つのボタンの役割が増えてしまうので、「全くの直感的な操作」は
多少無理にせよ、取説を少し確認する程度で、最初のカレンダー設定、
エリア設定から始め、予約録音設定まで、小さいながらも液晶画面
表示があるので、それを確認しながら意外とすんなり設定できました。

Icr002


「まいにち中国語」
「アンコール中国語」
「英語5分間トレーニング」
「まいにちロシア語」

この5番組を予約登録しようとしたのですが、ひとつ問題を発見しました。

予約設定の際、「時間を重複して登録できないこと」です。

いえ、これだけだと「普通の事」なのですが…

「時間が連続する番組でも、1分以上の間隔を空ける必要がある」

となれば少し問題があります。

つまり、今期の

「まいにちロシア語」     AM8:50~9:05
「英語5分間トレーニング」 AM9:05~9:10

のような連続する番組は、9:05が重複するために設定ができず、
たとえば「ロシア語」の方の終了時間を9:04で設定しないとダメ、
ということになります

これについては、どちらも別の時間帯に再放送があるので、そちらを
選べば良いだけの話なのですが、「やむを得ないシチュエーション」は
あり得ると思います。今後何らかの改良があるといいですね。

時刻はきっちり合わせて置けば、時報による自動修正も有効なので
番組の開始と終了がほとんどずれることなく収録されていました。

音質も上々。ICレコーダ故の特殊なノイズが入る、という口コミも
某価格比較jサイトで事前に目にはしていましたが、全く気になりません。
私の耳は例の時々チューニングがずれてしまう、あの「ラジカセ」で慣れて
いるということも有るのかも知れませんが・・・^^ とにかく全く没問題。

次にPCへの転送。
今私がメインで使っているノートPCもこれまたかなりの年期モノで
内蔵HDDは購入当時としては最大だった40GB。
もちろん、既に"カツカツな状態"で、300GBのUSB外付けHDDが
常時接続されています。(バッテリーも死んだも同然で、AC電源も
同様常時接続状態で全く持ち運びができません^^)

そこで、そのノートPCを介して外付けHDDに一度貯め込んでから
iTunesで引き抜き、iPodへ転送することにしました。

ここで、この「新兵器」の弱点がもうひとつ一つ露見。

複数の番組を録音するため、番組ごと(時間帯ごと)にフォルダーを
作成して、音声ファイルを保存するという仕組みになっています。

ところがこのファイル名の付け方に問題があります。
それぞれのフォルダー内に、同日であれば同名のファイルで保存されて
しまうのです。

001_090501A0828 (1番目_2009年5月1日AM828khz の意味)

せめてこのファイル名にフォルダー番号も入っていれば一括してPCに
吸い上げた時に重複せずそのまま保存できるのですが。。

このロジックはユーザーが変更できない仕様になっているようで、毎回
インポート前に一つ一つファイル名変更をする操作が必要です。

とはいえ。。

今までよりは手数が大きく減ったのは確実!大変満足しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣用句・呼応表現

本当、何度やってもちゃんと頭に入っていない。。

もっと自分で作文して、それをちゃんとした老師に見てもらう、というのが
一番なんだろうな。。それが叶わないのなら、もう数をこなすしかない。

■既然 就 (~であるからには)
・既然我一定要说,也只好说。

■即使 也 (たとえ~だとしても)
・他即使说得天花乱坠,我也绝对不信他的。
→天花乱坠(べらべらと)

■哪怕 也 (どんなに~であろうと・即使より強い)
・哪怕他是三头六臂,一个人也做不了事。
→三头六臂(口八丁手八丁)

■不论 都 (~であろうと~する)
・不论做什么事情,都要事先做好准备。

とりあえずこの4文を丸暗記する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新兵器

ラジオ講座ヘビーユーザには必須な毎日の放送の受信。

私はこれを、古い安価なラジカセと、これまた既に四半世紀前
ともなる高校生の時に親に買い揃えてもらったいわゆる「システム
コンポ」(もう今となってこの単語は通用するのか?)の部品の
一部である"オーディオタイマー"と組み合わせて実現しています。

アナログかつマニュアルチックなこの方法。
時に設定を忘れたり(スイッチを入れ忘れる)、ツマミ式の
ラジオチューナーなので何かの拍子にちょっとズレてたりして、
それはもう聴ける状態ではない音で録音されていたりで、
それだけで大きく落ち込む事も少なからず。。。

巷には『トークマスター』だとか『ラジオサーバー』だとか、そういった
用途専用の商品が存在するのを知ってはいましたが、まぁそんな
専門な商品というのは至って高価で、値崩れすることもなく、
永らくずっと憧れの的ではありました。

ところが、ですよ。
最近はICボイスレコーダーなるものが非常に発達・発展して来て
いて各メーカーから様々な商品でしのぎを削り、価格もこなれ
始めている…
そんな「ボイスレコーダー界」から"ラジオ付"という形で先の2商品
のようなものが発売された、とのウワサを耳にしました。

調べてみました。
サンヨーから、まさしく望み通りなスペックで発売されています。
ちょうどポイントもかなり貯まっている事もあって、某ネット販売で
衝動的に買ってしまっていました。「ポチっとな」ですな^^

Icrrs110m

SANYO ラジオ付きICレコーダー

しかしこれは・・・便利です。すごく使える。なんでもう少し早く世に
出てこなかったのだ?それくらいな衝撃。

ラジカセ+タイマーの環境では実現できなかった複数番組録音。
最初からMP3データの形でPCへ転送出来る事。

この2つのメリットは非常に大きい!

ラジカセ+タイマーでは最終的にiPodで聴くためにPCへの転送の
際にある種のソフトを介する必要があること、また15分なら15分の
実時間がかかるので、これが不要となることの効率。

そして複数番組録音が可能、ということは、全くあきらめていた
「アンコール中国語(ちがいのわかる6ヶ月)」や、今春新装開講
した「まいにちロシア語」に、ずっと気にはなっていた「英語5分間
トレーニング」も全部、ぜーんぶ聴ける、という事。
さらにさらにMicroSDカードが使えるので、これを巨大なものにする
ことで下手すればこれら全番組の1クール分全てを録り貯めること
も可能じゃないか…

んんん~画期的。。。

とりあえず手にしたばかりなのでまだ、いわゆる「アラ」が見えません。
使用感含めてまた後日、改めてこの「新兵器」についてはレポート
をしたいと思います^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諸葛菜

--時は蜀の建興12年秋8月23日。寿54歳。五丈原にて孔明落つ--

物語の中途にあって、突如割り入る訳者吉川英治氏の語り。

~孔明の死する前後を描くにあたって、原書三国志の描写は実に
精細を極めている。そしてその偉大なる「死」そのものの現実を、
あらゆる意味において詩化している~

吉川英治氏の後書に替える「篇外余禄」での一節。

『ひと口にいえば、三国志は曹操に始まって孔明に終わる二大英傑
の成敗争奪の跡を叙したものというもさしつかえない。』

『仲達は(孔明が)天下の奇才だ、と言ったが、私は偉大なる平凡人
と称えたいのである。孔明ほど正直な人は少ない。律儀実直である。
決して孔子孟子のような聖賢の円満人でもなければ奇矯なる快男児
でもない。ただその平凡が世に多い平凡と違って非常に大きいのである。

彼が軍を移駐して、ある地点からある地点へ移動すると、かならず兵舎
の構築とともに、付近の空閑地に蕪(かぶら)の種を蒔かせたということだ。
この蕪は春夏秋冬、いつでも成育するし、土壌もえらばない特質もある。
そしてその根から茎や葉まで生でも煮ても食べられるという利便がある
ので、兵の軍糧副食物としては絶好のものだったらしい。
こういう細かい点にもきのつくような人は、いわゆる豪傑英偉な人物の
頭脳ではもとめられないところであろう。正直律儀な人にして初めて思い
至る所である。とかく青い物の栄養に欠けがちな陣中食にこの蕪は随分
大きな戦力となったに違いない。
(中略)
で、この蕪の播植は、諸所の地方民の日常食にも分布されて、今も蜀の
江陵地方の民衆のあいだでは、この蕪のことを「諸葛菜」とよんで愛食
されているという』

(引用…講談社・吉川英治文庫・三国志(八))

まずは吉川英治版三国志、読了しました。

本来、三国が統一されて晋国が建つまでの話だと思ってはいましたが
孔明の死を以って一巻の終わりという形になっていました。

これについての説明、またその後の三国のそれぞれの展開について
気になる読者向けに、この『諸葛菜』と題された長い「説明的後書」が
記されています。

読後感の心地よさ、全八巻という長編は元より、この時代を長期間
かけて共に過ごした様な、ある意味達成感の様な感動で満たされて
います。

…やっぱり諸葛孔明は金城武氏の如き「甘いマスク」ではないだろう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッピングセンター



このGW、特に予定もなく、予算もあまりないことだし、ちょっと距離もあるので少しだけ遠出気分も味わえる…ということで、県下最大級、いえ、一時は西日本最大だったことのあるショッピングセンターに来ました。
これが結構楽しめます。一通り歩いてみるだけでも万歩計付きの表示をみると5000歩をあっという間に超えるし、いい運動にもなりそう。
ウィンドウショッピングを楽しみつつ、ここへ来た目的はもう一つ。映画を見に来ました。

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦

長いタイトル…

私自身「響鬼」あたりから、ちょっと大人向けなストーリーの深さ・展開も相まって
「仮面ライダー」に、この歳になってハマってしまい(というより日曜のこの時間に
TVが観られる環境になったからとも言えますが)、ついに『電王』に至っては
一家全員で観るに欠かすことが出来ない程になり、前回も劇場版映画は体験済み。
今回も可能なら観てみたい…と思っていた所ではありました。

ウチのこの「GWのイベント」にピッタリ^^。
 
内容的にはかなり低年齢向けのものになっていること、話の展開が飛躍しすぎて
少し支離滅裂な感も否めない部分があるということは別にして、各キャラのファン
としては非常に心くすぐるシーンたっぷりで、いわゆる「ファン向け(あるいは
マニア向け)」な作品と言える感じ。
TV番組よりもさらに破天荒な演技で大笑いを誘う"モモタロス"に家人、子供たち
は大喜びでしたが、私には優斗とデネブの涙を誘う演技に感動、かつ大満足
でした。
…マニアックですよね。TV本編を観ていない人間には誰もわからん。。

いえ、でもあの痛快で急転直下なストーリー展開と、何よりアッキーナの麗しい姿
が必見なので、チビさんたちが電王好きだけど、ストーリーを知らないだけに興味
が薄い、というようなお父さんでも十二分に楽しめます。
このGW、人ばかりで混み合う暑苦しい行楽地よりも涼しい映画館、いかがでしょう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝勉!

 
今日も朝から勉強勉強!
ここ最近は5時半でも朝日に照らされながら起きられるので大分楽です。

朝は出勤前の30分~1時間(起きる時間に左右されます^^)作文の練習
をしています。4月からラジオ講座も新学期に入って、まるっきり基礎から
なので、3月までのように予習を必要としなくなったから…
「初級を終えて、より"ちがいのわかる"講座を…」とした前年後期の講座
は予習・復習が欠かせませんでした。

せっかく「アンコール」として今年度も別の時間帯で放送されているのだから
もう一度聴きたいものなのですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »